147. 戦後70年、『歴史認識』:総理談話と海外の反応を考える (2015.8.29)

by Shizuko kanto almuni — on

静高79期の小川郷太郎氏の「絆郷」主催の絆サロンという会では多様な分野や様々な経験をもつ方からの話を聞き意見交換し懇親を深める機会を提供しています。

第4回 小川氏よりのご案内


安倍総理は今夏、戦後70年の談話を発表発表しました。日本国内でも大きな関心が持たれていますが、海外からは総理の歴史認識がどのようなものになるかに強い視線が注がれ、とりわけ中国や韓国などは談話の内容に注文をつける姿勢を示しています。談話の内容が日中、日韓、日米関係をはじめ、今後の日本外交の展開に影響を与える重要な要素にもなるとの指摘もあります。 絆サロンでは、4月から「戦後70年、『歴史認識』を考える」というテーマで議論をしてきました。次回はこのシリーズの締めくくりとして、安倍総理の談話と海外の反応などについて考えます。2,3名のパネリストとサロンご参加の皆さまとの間で自由な意見交換をしたいと思っています。どうぞ、奮ってご参加ください。

安倍首相談話


詳細はこちらをご覧ください。

日時:9月7日(月)18:00~ 場所:東京都千代田区内幸町2-2-1 日本記者クラブ 電話03-3503-2721 料金 6000円(絆郷会員) 7000円(絆郷非会員) (懇親会での飲食費を含む)

申込: 絆郷HPサイト申込ページ よりお申込みください